ダイエット=おやつNG?パーソナルトレーナーもOKしてくれるおやつとは

公開日:2022/11/15  最終更新日:2022/11/07

「今年こそ、本気で痩せたい」そんな熱意の中で食事制限や運動に励んでいる方にとって、ダイエット中のおやつは悩みの種です。そこで、この記事ではパーソナルトレーナーがOKしてくれる、ダイエット中のおやつについて詳しく解説します。ストレス解消にも役立つおやつ選びのヒントにお役立てください。

そもそもダイエット中におやつはOKなのか

本気のダイエットに励んでいる方は、運動だけではなく食事管理にも力を入れているのではないでしょうか。体重計とにらめっこする日々では、正直ストレスが溜まってしまうこともあります。出来れば速やかに痩せたいところですが、時々は気晴らしにおやつを食べたくなるものです。では、ダイエット中におやつは食べてもOKなのでしょうか。

結論から言うと、ダイエット中のおやつはきちんと「セレクト」をすればOKです。毎日ストイックな生活を続けていると、疲れも溜まってしまいます。時々は美味しいおやつをしっかりと食べて、息抜きをすることも大切です。

トレーナーもOKしてくれるダイエット中のおやつの条件とは

ダイエット中のおやつはきちんとセレクトをすれば食べてもOKです。では、パーソナルトレーナーもOKしてくれるようなおやつとは、一体どんなものでしょうか。ダイエット中のおやつの条件を解説します。

まずはおやつの成分表に注目しよう

食品や飲料には、一体どんな原材料が使われ、どんな成分が使われているのかパッケージに印字がなされています。成分表には熱量(カロリー)や含まれている成分が細かく載せられているので、おやつ選びのヒントになります。おやつを選ぶ際には、まずはこの成分表をチェックするようにしましょう。

脂質に注目

ダイエットに励んでいる時に一番気になるのはやはり「脂質」です。脂質は多く摂取してしまうと、脂肪として身体に蓄えられてしまいます。せっかくダイエットに励んでいるので、脂質の少ないおやつをセレクトしましょう。

タンパク質が多いおやつにも注意を

筋トレに励んでいるとタンパク質を意識した食事を行うことが多いですが、おやつにも摂取していませんか。実はたんぱく質の摂り過ぎは体重が増えてしまう原因の1つなのです。特に筋トレに励んでおり、プロテインを摂取している場合には、おやつにおけるたんぱく質の摂取には気を付けましょう。

おすすめのおやつとNGなおやつ

では、プロのパーソナルトレーナーがおすすめするおやつと、NGのおやつにはどんなものがあるでしょうか。

おすすめは美味しくて甘い和菓子

洋菓子は生クリームや砂糖を多用するおやつが多い傾向があります。しかし、日本人の口に合うように進化を続けてきた和菓子は、脂質が少なくダイエット中のおやつに最適です

例えば、腹持ちも良く、脂質も少ない和菓子の代表格はせんべいです。常備しておくとお腹も心も満たされるおやつでしょう。甘さが強い甘納豆類も意外と脂質は低めです。わずかな量でも満足度が高いので、こちらも常備しておくことがおすすめです。お月見シーズンのお伴に最適な団子なども脂質は低く、満足度の高いおやつとして知られています。和菓子を賢く取り入れて、リラックスタイムを楽しみましょう。

また、甘い味も楽しめるプロテインジュースをおやつにすることもおすすめです。摂り過ぎは厳禁ですが、筋トレ応援団としても最適のおやつでしょう。

NGのおやつとは

では、パーソナルトレーナーがNGとしているおやつにはどんなものが挙げられるでしょうか。NGのおやつは脂質やたんぱく質が高すぎるものが挙げられます。

特に揚げているおやつは脂質が高く、砂糖も加わるとカロリーも高いため注意が必要です。ドーナツなどの揚げたおやつは、ダイエット中はちょっとお休みしましょう。砂糖は使っていなくてもポテトチップスも揚げたおやつに該当するので注意が必要です。

その他に、エクレアやシュークリームといったおやつも脂質が高くなっています。生クリームを使っているおやつは脂質が高い傾向があるので、選ぶ際には成分表を確認しながらチェックしましょう。

カロリーだけではなく食べ方にも注意が必要

セレクトすれば賢く取り入れられるおやつですが、楽しむ際にはカロリーや成分だけではなく食べ方にも注意が必要です。では、ダイエット中におやつを楽しむためにはどうすれば良いでしょうか。ダイエット中のおやつは、毎日食べてしまうとカロリーオーバーになる可能性があります。食べ方は以下の方法がおすすめです。

週に1回、など頻度を決める

たまの息抜きとしておやつを楽しむ場合には、週に1回程度など頻度を決めることがおすすめです。週末の友人とのひと時、金曜日の午後、などリフレッシュしたくなるタイミングでおやつを食べると楽しみもアップします。

食べる時間にも注意を払おう

食事やおやつは食べる時間を調整することも大切です。特におやつを食べるときには、12~14時台がおすすめされています。この時間はカロリーを消化しやすい時間帯であり、太りにくい時間です。ランチの後などにおやつタイムを作っておくことで、満足度の高い時間を過ごすことができるでしょう。

まとめ

この記事ではダイエット中も楽しめるおやつをテーマに、プロのパーソナルトレーナーがおすすめする、おやつやNGおやつを解説しました。ダイエット中は禁欲的になり過ぎず、ストレスをため込まない工夫をすることで前向きな気持ちを維持できます。時間や日にちをしっかりと決めて、時には美味しいおやつを楽しみましょう。おやつをきちんと選べば、ダイエットの邪魔にはなりません。食べるものに気を付けながら、理想のボディを手に入れる努力を続けましょう。

おすすめ関連記事

SEARCH

新着記事

「今年こそ、本気で痩せたい」そんな熱意の中で食事制限や運動に励んでいる方にとって、ダイエット中のおやつは悩みの種です。そこで、この記事ではパーソナルトレーナーがOKしてくれる、ダイエット中の
続きを読む
ダイエットを始めたいけれど、食事管理や運動など自分に合った方法が分からなくて挫折した経験はありませんか?そんな方におすすめなのが、パーソナルジムです。パーソナルジムでは、自分専用のトレーナー
続きを読む
今回は、盛岡にある初心者にもおすすめのパーソナルジムをご紹介します。パーソナルジムfab、Fit’s+ 盛岡店、BLUE8の3店です。完全個室でトレーニングができたり、独自のストレッチ方法を
続きを読む